絵師のえそらごと
トップ | サイトマップ | 絵師のえそらごととは? | 説明書 | テクニック | サポート



(バージョン:5.7)NEW !
更新日:平成20年10月8日
ファイルサイズ:172 kbyte
フリーソフト(無料)

<説明>
esola view(えそらビュー)は、絵師のえそらごとで使用する絵師ファイル(.esi)やキャンバスファイル(.cnv)等のファイルを見れるビューアです。JPEGとBMP(フルカラー)も見れます。
保存形式は、今のところJPEGとBMPで保存できます。

ファイルの関連付けをすると、CNVやESI、ITMファイルをダブルクリックするだけで見れるようになります。

ロゴ透過機能

 JPEGやBMPなど、透過情報を含まないロゴ画像(2色のスケール画像)から、文字と背景を分離し、滑らかに背景を透過することができる機能です。
 メニューから「オプション」→「背景透過」で設定します。
 一旦背景を透過すると筆の色や背景の色を変更することも出来ます。(メニューから「オプション」→「筆の色・背景色の設定」)
 作成した透過画像は透過情報つきのPNGファイルとして保存することが出来ます。


例えば紙に筆ペンで文字を書き、スキャナで読み込んでみます。

読み込んだロゴ画像。

背景を滑らかに透過できます

文字の色を変更

背景の色も変更できます

<更新ログ>

バージョン 5.7 での変更点
・クリップボードにコピーできるようになりました。「ファイル」→「クリップボードにコピー」を選択してください。

バージョン 5.6 での変更点
・作者情報付きのキャンバス(.cnv)ファイルを開けるようにしました。

バージョン 5.5 での変更点
・キャンバス(.cnv)、絵師(.esi)、アイテム(.itm)ファイルのアイコンを変更しました。

バージョン 5.4 での変更点
・倍率を100%〜10%に縮小して表示できるようになりました。メニューの「表示倍率」から操作が行えます。

バージョン 5.3 での変更点
・「絵師のえそらごと」バージョン2.4から利用可能になった、キャンバス素材の適応度合いと目の粗さに対応したcnvファイルを開けるようになりました。

バージョン 5.2 での変更点
・「絵師のえそらごと」バージョン2.3から利用可能になった、キャンバス素材適応のcnvファイルを開けるようになりました。

バージョン 5.1 での変更点
・「絵師のえそらごと・スペシャルエディション」バージョン2.16から利用可能になった、CNVファイルの可逆バージョンをesola viewでも開けるように対応しました。
・若干バグ修正。

バージョン 5.0 での変更点
・ロゴ透過機能を追加。
・ウインドウ下のステータスバーに画像のサイズ情報が表示されるようになりました。

<過去の更新ログ>

<注意>
フリーソフトですので、どなたでも無料でダウンロードできます。
ただし、このソフトに起因するいかなる事態も責任を負いかねます。
転載に関しては今の所制限はありません。ただし無断で販売は行わないで下さい。

<動作確認済みの使用環境>
・OS: Windows95以上
・CPU: Pentium100MHz以上
・メモリ: 16MB以上
・ハードディスク: 約 320KB以上

<ホームへ戻る>

ダウンロードセンター| えそら美術館| 絵師派遣センター| えそら写真館| 写真リンク館| サポートセンター
スキン置き場| 肖像画館| リンク館| フィッチーの部屋| 味噌売り場| たまり場